看護部

看護部の理念

手には技術・頭には知識・患者様には愛を

「やさしい笑顔と手の温もりを伝えられる看護を!!」

専門職として私たちは、やさしい笑顔と手の温もりの伝えられる看護を目指しています。
患者様やご家族の気持ちを思いやり、人と人との結びつきを大切に育み、日々全力をつくして、よりよい看護に努めてまいります。

看護部長

基本方針

  • 1. 私たちは地域に根ざした信頼される病院の看護師として患者様・ご家族様を大切にし、笑顔で心のこもった看護を提供します。
  • 2. 正しい知識に裏付けされた技術の習得と日々学びの姿勢を持ち実施します。
  • 3. 他職種との連携の要となりチーム医療に貢献します。

教育目標

  • 1. 背景の異なる新入職員に対して、病院ならびに看護について理解を深めるための教育を行い、職員として業務に従事できる能力を養う
  • 2. 看護師として、社会の変遷に対応できる柔軟性を持った人材を育成する
  • 3. 自分を振り返り課題を明確にできる能力を養う

入職~年間計画

  4月 5月 6月~3月
集合教育 オリエンテーション   チェックリストの提出
(3ヶ月毎)
リーダー面談
現場教育 基礎看護技術 整形外科疾患看護
(朝の勉強会週2~3回)
メンタルサポート プリセプターとの食事会
3週後・3ヶ月後・6ヶ月後・12ヶ月後

キャリアラダーを導入し全職員が問題意識から発する自己学習を支援する体制を進めています。

病棟紹介

2階病棟(一般病棟)

急性期病棟では、手術前から術後数日の治療・看護を目的としています。整形外科の患者様は、年齢層も幅広く手術件数も年間1,700件を超え、多くの方の治療・看護を行っています。患者様誰もが手術に対して不安も多くあると思いますが、安心して手術に臨めるよう準備を行い、術後は患者様の状態に合わせ痛みを緩和し早期からリハビリが出来るようにしています。
昨年度より関節センターが開設し、患者様の生活の質が向上出来るよう、医師・リハビリスタッフ・看護師で話し合い退院に向け援助しています。

3階病棟(回復期病棟)

リハビリが順調に行えるよう、全身状態の管理につとめながら、病気に対する理解と再発予防に向けた取り組みを積極的に行っています。
リハビリ以外の余暇時間には、入院生活の中でも四季を感じられるようなレクリエーションを行なっています。

4階病棟(回復期病棟)

いつも優しい笑顔と心を持って、患者様・家族様の不安や心配を少しでも軽減することが出来るよう他部署と連携を図りながら、一日でも早く退院できますように一人ひとりの患者様に合わせた日常生活の援助に取り組んでいます。

5階病棟(回復期病棟)

看護スタッフ41名 リハビリスタッフ40名 医療相談員2名
リハビリはもちろん、毎日の生活が明るく・楽しく・安全に過ごせるようレクリエーションや健康教室など、様々なイベントを企画しています。また、患者様の自宅退院に向け、日常生活動作の獲得だけでなく患者様一人ひとりに合わせた退院支援を医療チームで行っています。

外来

わたしたちは患者様を笑顔でお出迎えし、待ち時間が少しでも短縮できるように、他職種と連携を取り、患者様にご満足いただけるよう日々取り組んでいます。

手術室

手術室では、年間約1,700件の整形外科手術を看護師13名、看護補助者3名(中央材料室)で、「安全」かつ「効率的」をテーマに手術を行っております。手術前にも患者様とのコミュニケーションを大切にし、術前オリエンテーションを通し不安や緊張を和らげる取り組みをしています。
また、個人のスキルアップのために学会・研修などに積極的に参加しています。
当院の手術室は、当直や待機もなく、お子様がいるスタッフも働きやすい環境となっております。