リハビリテーション

リハビリデーション科

近年、急性期病院(救急病院や総合病院、大学病院など)での治療後に積極的なリハビリテーションを行うことは、退院後の日常生活・社会復帰に効果的とされ、そのような積極的なリハビリテーションを受けるための医療機関として、「回復期リハビリテーション病院」があります。
急性期病院での治療は、“救命”に重点が置かれ、全身状態の管理が優先されるため安静が必要なことが多く、“身体のなまり”が生じやすい環境となってしまいます。
回復期リハビリテーション病院では、病気の急性期治療を終えた患者さまに対して、日常生活や社会復帰に必要な能力の向上を目標とした積極的なリハビリテーションを行います。リハビリテーションは、“リハビリ室で身体を動かすトレーニング”というイメージが強いかもしれませんが、実際には、トイレや入浴など自宅での生活に必要な動きを練習する訓練、リハビリ室のみならず病棟での訓練や体操などのレクリエーション、ことばを話すための言語訓練、食べ物を食べるための摂食機能訓練など、さまざまな訓練が行われます。また、必要に応じて、リハビリスタッフがご自宅にお伺いして、ご自宅の改修や介護方法をご一緒に検討する家屋訪問評価なども行われます。
他にも、退院後の介護に必要な各種制度や社会資源などを、医療ソーシャルワーカーがご案内させて頂いております。
当院では、患者さまの機能改善や社会復帰に向けて、スタッフ一同でお手伝いさせて頂きます。

医師

泉 二郎

泉 二郎

リハビリテーション科
慶應義塾大学卒業
・日本リハビリテーション医学会認定臨床医

近内 弘人

近内 弘人

リハビリテーション科
自治医科大学卒業
・日本リハビリテーション医学会指導医
・日本リハビリテーション医学会専門医
・日本リハビリテーション医学会認定臨床医

大原 務

大原 務

リハビリテーション科
信州大学卒業

門馬 由梨子

門馬 由梨子

リハビリテーション科
筑波大学卒業